40代主婦、英検1級に合格!

英検1級に1度の受験で合格しました。英検1級の勉強方法やテキスト、英検受験に関する情報を中心に書いています。

【英検1級長文問題テキスト】「英検1級長文読解問題120」は長文の基礎力をつけたい人にオススメです。

f:id:eiken40:20181107131926j:plain

【2019.6.20.更新】

こんにちは。

私が使った英検1級の長文対策テキスト「英検1級長文読解問題120」(旺文社)の構成や使用感をまとめました。

 

 

 

テキスト特徴① 前半→後半と徐々に難易度が上がるため、無理なく勉強できる

 

「英検1級長文読解問題120」の前半は英検1級より少し易しいレベルの長文問題。

後半は英検1級レベルの長文問題、という構成で無理なく勉強を進められます。

解説もわかりやすいので、独学で英検1級の長文対策をしたい方にはオススメです。

注)ただし、ここでいう「レベル」には注意点があります。後述します。

 

 

テキストの特徴 ② 様々な分野から良問がバランスよく出題

 

「英検1級長文読解問題120」に掲載されている長文は良問ばかりで、さらに内容がバラエティに富んでいます。

内容を楽しみながら英検1級で出題される色々なタイプの長文に触れることができます。

 

  

「英検1級長文読解問題120」使用の注意点

 

良い問題集ですが、

「英検1級長文読解問題120」は、下記の注意点を知った上で使うかどうか判断する必要があります。

 

本番の英検1級長文問題は、「英検1級長文読解問題120」の長文より難しい。

  

私が「英検1級長文読解問題120」をひととおり解いた後の感想は、

「本番の長文、何とかギリギリ合格点が取れるかもしれない」でした。

ところが本番の長文問題は予想外の難しさで、一瞬頭がカーッとなったほどです。

(もともと長文が苦手なのもありますが。。)

 

「英検1級長文読解問題120」の発行は2007年となっています。

英検は難化傾向にありますが、このテキストは近年の出題問題が掲載されていません。

少なくとも「英検1級長文読解問題120」の長文と、私が受験した「2018年1月の英検1級長文」問題とでは、はっきりとした難易度のズレがあります。 

 

以上の点から「英検1級長文読解問題120」は以下の方に限ってオススメします。

・英検準1級に合格したばかりで、これから英検1級の勉強をはじめる

・長文はあまり得意ではないので、基礎的な内容からじっくり取り組みたい

・英検1級対策の勉強時間が十分に確保できる

 

私は英検1級受験までに3ヶ月の期間しかありませんでした。

私は長文が苦手なので「英検1級長文読解問題120」をひととおり解いて良かったと思ってはいますが、最新の過去問を模擬試験形式で出来るだけ解いた方が点数に結びついたかもしれない、と思っています。

ですので受験までの時間が限られていて、長文よりも単語や英作文に時間をかけたい方は、長文対策の問題集を使わずに、模擬試験で長文をしっかり解くだけでいいと思います。

なお模擬試験のテキストを購入する場合は、最新の出題が掲載されている、CD付きの書籍を選んでください。