40代主婦、英検1級に合格!

英検1級に1度の受験で合格しました。英検1級の勉強方法やテキスト、英検受験に関する情報を中心に書いています。

スピーキング力向上に「瞬間英作文」練習は本当に効果があるのか?

f:id:eiken40:20181225103932j:plain

こんにちは。

最近スピーキングの勉強に行き詰っています。

そこで、スピーキングに自信がある方や通訳をされている方の勉強方法が書かれたブログをたくさん読ませてもらっています。

参考になりそうな勉強方法を取り入れようと思っているのですが、すごく多くの方が「瞬間英作文」をすすめていて驚いています。

「瞬間英作文」について、感じていることを書きたいと思います。

 

 

「瞬間英作文」とは何か

 

比較的簡単な英文をスピーディーに、大量に、声に出して作るというトレーニング。

森沢洋介さんが書かれたテキスト「瞬間英作文トレーニング」のシリーズが代表的なテキストです。

 

このシリーズの1作目「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」は、アマゾンでもベストセラーになっていて、スピーキング力向上に効果的なテキストとして有名なようです。

英語をある程度勉強している方は、「瞬間英作文」に取り組んでいる方が多いかもしれません。

 

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

 

 

スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング

スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング

 

  

 

「瞬間英作文」私は効果が感じられなかった

 

結論から書くと、私にとっては「瞬間英作文」はイマイチでした。

効果が無いわけではないけれど、労力の割には効果が感じにくい。

練習もつまらない。

それに通訳を目指していないのに、この訓練必要?と感じます。

 

 

私が「瞬間英作文」に取り組んだきっかけ

 

英検1級の二次試験対策をはじめる際に、「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」を購入しました。

二次試験対策は何から手をつけていいのかわからない状態だったので、売れ筋のスピーキングテキストを買って、まずは英語を話すことに慣れようとしました。

「瞬間英作文」の著者の指示通りの勉強方法で、2週間という短い期間ですがかなりマジメに取り組みました。

 

 

「瞬間英作文」にマジメに取り組んでみた結果

 

自分に合っていて効果的な勉強ができているとワクワクするのですが、「瞬間英作文」は全くワクワクしない。

それどころか英語を勉強していて久々に「つまらない」と思いました。

 

「瞬間英作文」を始めて少し経って、英検1級の二次試験対策テキスト「英検1級面接大特訓」に基づいた勉強をはじめました。

 

「英検1級面接大特訓」を使っての二次試験対策は大変だけど楽しくて、自分でも日に日にスピーキングが上達しているのが実感できました。

そんなこともあり、二次試験対は「英検1級面接大特訓」だけに絞ることにし、「瞬間英作文」はやめました。

それ以来「瞬間英作文」の練習はしていません。

 

 

「瞬間英作文」に効果が感じられない理由

 

なぜ「瞬間英作文」は効果が感じられないのだろう、、、

自分なりに考えました。

瞬間英作文では日本語文を見て(聞いて)英文に訳します。

でも、私が実際に英語を使う場面で、日本語文を見て英語にすることはほとんどありません。

私が英語を発するまでの過程は、以下の3パターンがほとんどです。

・自分が感じていることや意見を英語で言う

・相手から言われたことに英語で返答する

・自分が見ていることを英語で説明する

英語を発するまでの過程では、アタマの中で日本語文を作ってそれを英訳しているわけではありません。

自分のアマタの中にある使い勝手のいい英文を、その場に応じて変化させて言葉に発していることが多いです。

だからふだん英語を使うときに日本語から英語にするという「瞬間英作文」はしていないのです。

そのため「瞬間英作文」を練習しても、実際のスピーキングに結びつきにくいのです。

 

 

「瞬間英作文」よりも、使い勝手のいい英文を暗記する

 

応用がきく使い勝手のいい英文を暗記して、実際の会話で何度も使って定着させるほうがスピーキング練習として効果が高いと思います。

 ただし「瞬間英作文」の本を暗記すればいいかというと、そうは思いません。

瞬間英作文の本にある例文をすべて暗記するのは数が多すぎます。

内容的にも不自然に感じられる文があるので暗記には使わない方がいいです。

 

f:id:eiken40:20181225103954j:plain

 

「瞬間英作文」の練習が向く人もいると思う

 

「瞬間英作文」に否定的な内容になってしまいましたが、以下の場合は効果があるような気がします。

 

通訳を目指す方や、通訳的な役割をする場合

通訳のプロセスと同じ練習なので、通訳を目指す方には効果的だと思います。

 

中学生・高校生が学校の英語試験や受験対策として

テストの点数を上げるためには効果的だと思います。

 

 

こんなスピーキングのテキストを探しています

 

英検1級の二次試験対策は、それ自体が効果的なスピーキング練習だと感じました。

(ただしスピーチを丸覚えする場合は、スピーキングの向上に効果があまりないと思います。)

それなら二次試験の勉強をもう一度、、、

と言いたいところですが、

二次試験のトピックは安楽死や地球温暖化など、ふだん話すトピックとしては固すぎるし使う場面が少ない。

もっと身の回りのトピックを使って、英検1級二次試験と同じような勉強がしたいです。 

大型書店でスピーキングのテキストを探しても例文集のようなものが大半です。

例文集は辞書的に使う分にはいいけれど、、、意外と使わないのです。

使いまわせるフレーズと単語をおさえつつ、「身近な内容」を「まとまった長さの英語」で話せるように工夫されたスピーキングテキストがほしいのですが今のところ見つけられません。

 

 

さいごに

 

私には「瞬間英作文」は効果が感じられませんでした。

でもこれだけ評判になっていて、テキストもベストセラーだということは、「瞬間英作文」は効果があると考えている人が多いのだと思います。

自分の性格や勉強目的に合った勉強方法を考える難しさを感じています。

これまで英語を勉強してきて、楽しいと思える方法が結局は効果が出ているので、自分の直感も大事にしたいと思います。

 

読んでいただきありがとうございました。