こんにちは、すずらんです。

 

コロナによる外出自粛をきっかけに英語多読をはじめて1年半が経ちました。

この記事では私が読んだ英語多読本(Graded Readers)の感想を書き留めています。

 

Graded Readers (GR)を記録するにあたって・・・

  • ネタバレは基本的にしません。
  • GRのYL(読みやすさレベル)と語数は「英語多読完全ブックガイド」等を参照。
  • 評価は「ストーリー」「GRとしての読みやすさ」をもとに独断で5段階評価。

※GR=英語学習者向けの英語の本。段階的にレベル設定されています。

 

GR (Graded Readers) 評価  (星3つ以上がオススメ!)

すばらしい
おもしろい
よい
イマイチ
つまらない

 

今回読んだGR10冊(131冊から140冊目)

今回は私が読んだ131冊目から140冊目までのGRです。

この10冊は2021年8月から9月に読みました。

 

暑さも落ち着いて、小学生の息子の新学期がはじまりました。

「やっと自分の時間が持てる・・・」

本来なら一息つける時期ですが、コロナを心配しながら子供を学校に送り出しています。

 

外を歩くと金木犀(キンモクセイ)の香りがして、秋の気配がしてきました。

 

131. Gone with the Wind Part 1

Gone with the Wind Part 1

Gone with the Wind Part 1

 

「風と共に去りぬ」。

 

あまりに有名なので詳細は省きますが、素晴らしい小説だとあらためて感じました。

GRとして考えても、Part 1, Part 2の2冊で約3万語の編成。

ちょうどいい語数になっていると思います。

 

Gone with the Wind Part 1
シリーズ名PER (Pearson English Readers)  4  ※旧Penguin Readers
YL4.0 - 4.5
語数15,807
評価

 

 

132. Gone with the Wind Part 2

Gone with the Wind Part 2

Gone with the Wind Part 2

 

Introductionによると「風と共に去りぬ」の作者、マーガレット・ミッチェルは1900年にアメリカで生まれ、1949年に自動車事故で亡くなりました。

「風と共に去りぬ」は10年かかって書かれた、マーガレット・ミッチェル唯一の作品。

もし自動車事故がなかったら、他にも素晴らしい作品を発表していたかもしれません。

 

Gone with the Wind Part 2
シリーズ名PER (Pearson English Readers)  4  ※旧Penguin Readers
YL4.0 - 4.5
語数15,815
評価

 

 

133. Far From the Madding Crowd

Far From the Madding Crowd

Far From the Madding Crowd

 

トーマス・ハーディの狂乱の群れを離れて」。

 

若く美しいBathshebaに3人の男が結婚を申し込む。

Bathshebaが選んだのは・・・。

 

なぜその男を選ぶんだ・・・

と思いつつも、人物の描写やストーリー展開がすばらしい。

 

短く上手にまとめられたGR。

 

Far From the Madding Crowd
シリーズ名PER (Pearson English Readers)  4  ※旧Penguin Readers
YL4.0 - 4.5
語数12,225
評価

 

 

134. Unbowed

Unbowed

Unbowed

 

何度も逮捕されながら環境保護活動・人権活動を続けたケニア人ワンガリ・マータイさんの自伝。

アフリカ人女性として初めてノーベル平和賞を受賞しています。

 

活動内容はもちろん素晴らしいですが、あまり知ることのないアフリカの生活も描かれていて、いろいろな意味で楽しめる1冊。

 

GR表紙写真のマータイさんの美しい笑顔が印象的です。

 

Unbowed
シリーズ名PER (Pearson English Readers)  4  ※旧Penguin Readers
YL4.5 - 5.0
語数20,669
評価

 

 

135. Lorna Doone

Lorna Doone

Lorna Doone

 

主人公が愛した少女Lornaは犯罪者の一族。

主人公はLornaと共に生きることができるのか・・・。

 

ストーリー自体は面白いですが、いろいろな出来事が次から次へとおこるので、気持ちがおいつかない。

元のストーリーのせいなのか、GRだからなのか。

 

もう少しシンプルな展開だと読みやすいです。

 

Lorna Doone
シリーズ名PER (Pearson English Readers)  4  ※旧Penguin Readers
YL4.0 - 4.5
語数11,305
評価

 

 

136. The Mirror Crack'd from Side to Side

The Mirror Crack'd from Side to Side

The Mirror Crack'd from Side to Side

 

アガサ・クリスティーのミス・マーブルシリーズ。

 

これぞ推理小説!

人物描写や伏線、ストーリー展開が秀逸で、物語の終盤で犯行動機がわかったときには、思わず声をあげそうになりました。

 

英語多読に興味がなくてもオススメしたい1冊。

 

The Mirror Crack'd from Side to Side
シリーズ名PER (Pearson English Readers)  4  ※旧Penguin Readers
YL4.5 - 5.0
語数20,135
評価

 

 

137. Evening Class

Evening Class

Evening Class

 

イタリア語のクラスに集まった、年代も性別も事情も異なる生徒たち。

この集まりがその後の運命を変える出会いになります。

 

人生、いろいろあっても人との出会いで大きく好転することもある。

心が温かくなるお話でした。

 

Evening Class
シリーズ名PER (Pearson English Readers)  4  ※旧Penguin Readers
YL4.5 - 5.0
語数18,626
評価

 

 

138. Teacher Man

Teacher Man

Teacher Man

 

ニューヨークで教師になったアイルランド人の自伝的小説。

 

淡々と教師生活について書かれていますが、ユーモアや皮肉があり、先生って大変だなと思いつつも笑ってしまいます。

バランスのとれた心地よい文章は、筆者がライティングの教師だったからでしょうか。

 

Teacher Man
シリーズ名PER (Pearson English Readers)  4  ※旧Penguin Readers
YL4.5 - 5.0
語数21,772
評価

 

 

139. Mosquito Coast

Mosquito Coast

Mosquito Coast

 

アメリカの文明社会を嫌い、家族を連れてジャングルに住みはじめた主人公。

憧れのシンプルライフはかなわず、過酷な日々を過ごすことになります。

 

これは読んでいて少し疲れました。

主人公の狂気に振り回される家族が不憫です。

最後も救いがありません。

 

個人的には楽しめませんでしたが、GRとして読む分にはギリギリOKでした。

そのため5段階中2の評価にしましたが、「英語多読完全ブックガイド」では4と高評価。

映画化もされているので、多くの人がおもしろいと感じる作品なのかもしれません。

 

Mosquito Coast
シリーズ名PER (Pearson English Readers)  4  ※旧Penguin Readers
YL4.0 - 5.0
語数14,000
評価

 

 

 

140. Detective Work

Detective Work

Detective Work

 

アルバイト先の美術館でダイヤモンドが盗まれ、疑いをかけられた少年。

みずからの手で犯人を暴く決意をします。

 

トリック・犯行動機に意外性がなく、ストーリー展開も推理小説としてはあと一歩。

多読教材としては十分な内容でした。

 

Detective Work
シリーズ名PER (Pearson English Readers)  4  ※旧Penguin Readers
YL4.0 - 4.5
語数10,935
評価

 

 

今回のMy Best Graded Readers !

今回は私が読んだGR (Graded Readers)の131冊目から140冊目を記録しました。

この10冊の中のベストはこちら。

 

「The Mirror Crack'd from Side to Side」

アガサ・クリスティーの推理小説はやはりおもしろい!

とくに本作品はGRとしての出来もいいです。

 

今回読んだ10冊はすべてPearson English Readers (旧 Penguin Readers)のレベル4でしたが、アタリがとても多くて楽しめました。

 

次回は、私が読んだGRの141冊目から150冊目までを記録します。

コメントを残す