スポンサーリンク

子どもの英語教育に関する本

こんにちは、すずらんです。

 

小学生の息子と家で英語の勉強を始めました。

勉強といっても、気が向いたときにフラッシュカード をしたり絵本を読んだりと、とてもゆるいペースです。

 

今回は、子供の英語学習に関して読んだ本をご紹介します。

 

3ナイ主婦が息子を小6で英検1級に合格させた話

3ナイ主婦が息子を小6で英検1級に合格させた話

3ナイ主婦が息子を小6で英検1級に合格させた話

 

「3ナイ主婦が息子を小6で英検1級に合格させた話」は、息子さんの英語教育を3才からはじめた主婦ブロガーのタエさんが書いています。

 

この本では作者は”主婦ブロガー”という肩書きですが、現在は息子さんへの英語教育の経験を活かして、ベビーパークという親子教室で英語部門の統括責任者をされています。

 

 

実は「3ナイ主婦が息子を小6で英検1級に合格させた話」を読んだのは今回がはじめてではありません。

 

数年前、子どもが幼稚園児の時にも読みました。

 

 

はじめて読んだ時、この本で紹介されている

「なるべく子どもに英語で語りかける」

という方法が衝撃的で、私には子どもの英語教育ができない・・・と考えてしまいました。

 

でも今になって考えれば、子供に英語で語りかけるのが無理なら、他の方法を考えればいいだけですよね。

 

今回改めて「3ナイ主婦が息子を小6で英検1級に合格させた話」を読み直してみると、英語教育のスタート年齢がわが子と違うので真似できない部分もありますが、具体的に書かれていることが多く、英語教育を実践する上でとても参考になっています。

 

たとえば、フラッシュカード の作り方とやり方、オススメの絵本やDVD、英語育児に使った費用など、うちのような一般家庭で真似しやすいです。

 

もっと詳しく知りたいな・・・

と思い本に記載されているタエさんのブログを確認しましたが、過去のブログ記事が見れなくなっています。

残念です。

 

スポンサーリンク

世界基準の子どもを育てる成功する家庭教育最強の教科書

世界基準の子どもを育てる成功する家庭教育最強の教科書

世界基準の子どもを育てる成功する家庭教育最強の教科書

 

「世界基準の子どもを育てる成功する家庭教育最強の教科書は、徹底した家庭教育で娘さんをハーバード大学に合格させ、現在は英語教室を主宰されている廣津留真理さんが書いています。

 

この本ではタイトルの通り、家庭教育の大切さがテーマ。

 

家庭教育では、学校や塾では教えてもらえない”グローバル時代に生き抜く条件”を教えられると書かれています。

 

”グローバル時代に生き抜く条件”は以下の5つで、この中に英語力が含まれています。

「自己肯定感」

「英語力」

「グリット」(やり抜く力)

「コミュニケーション力」

「マルチタスク力」

 

「世界基準の子どもを育てる成功する家庭教育最強の教科書」で紹介されている英語学習方法は暗記を中心とした方法で、先に紹介した「3ナイ主婦が息子を小6で英検1級に合格させた話」に比べると勉強的な要素が強いです。

 

暗記中心の学習が子どもにできるのだろうか・・・

と思ってしまいますが、子どもが飽きないように、自主的に勉強できるような工夫のヒントが紹介されています。

 

 

「世界基準の子どもを育てる成功する家庭教育最強の教科書」で紹介されている家庭教育は本当に理想的で、こんなお母さんの元に産まれてきた娘さんは幸せだと思いました。

 

息子と私では参考にするのが難しい部分もあるけれど、英語教育を含めて目標にしたい内容です。

 

スポンサーリンク

10万組の親子が学んだ子どもの英語「超効率」勉強法

子どもの英語「超効率」勉強法

子どもの英語「超効率」勉強法

 

「10万組の親子が学んだ子どもの英語「超効率」勉強法」は、子どもの英語教育で有名なパルキッズを運営している船津洋さんが書いた本です。

 

子どもの英語教育を早く始めるメリットをはじめ、子どもの英語教育を始める際に浮かぶ疑問点など、著者の考えが明確に書かれています。

 

「10万組の親子が学んだ子どもの英語「超効率」勉強法」のいいところは、大まかな年齢別にどのような英語教育をするのがいいか具体的に紹介されていることです。

 

また「英文素読」という学習方法はこの本ではじめて知りましたが、今後取り入れてみたいと思っています。

 

親子で始める英語100万語!

親子で始める英語100万語!

親子で始める英語100万語!

 

「親子で始める英語100万語!」は、読み聞かせで子供が英語を学習する際に役立つ本です。

 

英語多読の方法や実践例、レベル別のおすすめシリーズが掲載されています。

 

発行年が2004年と少し古いので、すでに出版されていないシリーズ本などが掲載されているのが残念なところですが、タイトル通り、子供に限らず大人が多読を始める際のガイドブックとしても優秀です。

 

私は「親子で始める英語100万語!」を参考に、子供用にシリーズ本を購入しました。

とてもオススメです。

 

キンドル版は私が探した限りでは見つけられませんでした。

楽しい「子ども英語」はなぜ身に付かないの?

楽しい「子ども英語」はなぜ身に付かないの?

 

「楽しい「子供英語」はなぜ身に付かないの?」は、多読英語教室を展開する早稲田アカデミーの松井義明先生が書かれた、小学生向け英語教育の本です

 

こちらも英語多読を中心とした内容になっていて、そのスタートとして日本でも有名な「ORT (Oxford Reading Tree)」を使った読み聞かせが紹介されています。

 

そのほかフォニックスや英検について著者の考えを知ることができます。

 

この本を読んで、私はORTを購入しました。

息子に読み聞かせたところ、他のシリーズより若干反応がいいです。

 

キンドル版はないようです。

英語ができない親の脳 英語ができる子どもの脳

英語ができない親の脳 英語ができる子どもの脳

英語ができない親の脳 英語ができる子どもの脳

 

「英語ができない親の脳 英語ができる子どもの脳」は、先に紹介した「楽しい「子供英語」はなぜ身に付かないの?」と同じ、早稲田アカデミーの先生が書いた本です。

 

同じ著者が書いているので、この2冊は内容が重複している点もありますが、こちらの方が多読の方法なども具体的で、実例がマンガ形式で紹介されているので、より実践的かもしれません。

 

さいごに、著者が監修している早稲田アカデミーの英語多読教室についての紹介(宣伝)があります。

面白そうでいいなと思って調べてみましたが、教室がある地域が限られているうえ、月謝が高めです。

 

まとめ

子どもの英語学習で読んだ本

今回記事にした6冊以外にも、子供の英語学習に関する本を何冊か読みましたが、この6冊がとくに参考になると感じました。

 

子供の英語学習に関する本を読んで感じたのは、

「いろいろな方法があるな」

ということ。

 

自分の子供に合う方法を取り入れてみようと思います。