40代主婦、英検1級に合格!

英検1級に1度の受験で合格しました。英検1級の勉強方法やテキスト、英検受験に関する情報を中心に書いています。

【4ヶ月経過報告】シャンプー・基礎化粧品・石けん、ほぼ全てやめました。

f:id:eiken40:20190320091619j:plain
こんにちは。

これまでの生活を見直して健康のために

湯シャン(シャンプーを使わない洗髪。最近はノープーともいうようです)」

基礎化粧品を使わない

せっけんで体を洗わない

を家族で実践して4ヶ月になりました。

経過報告です。

 

シャンプーなし(湯シャン)生活

 

本「シャンプーをやめると、髪が増える」の内容を参考に湯シャンしています

湯シャンは方法を間違えると失敗する可能性が高いです。

湯シャンを考えている方には読んでいただきたい本です。

頭皮が湯シャンに適応してきた気がする

湯シャン前に必ずブラッシングし、湯シャンに時間をしっかりかけるようにしている効果が出てきました。

また頭皮が湯シャンに適応してきたのか、ベタつきを感じることがずっと少なくなりました。

「シャンプーをやめると、髪が増える」によると、シャンプーをしないことで頭皮の常在菌を保つことができるようです。

常在菌が頭皮を清潔にする役割をしてくれるようなので、私の頭皮にも良い働きをする常在菌が定着してきたのかもしれません。

一緒に始めた家族も、それぞれのペースで湯シャンを続けています。

夫は私よりおおざっぱに湯シャンをしているせいか、たまにベタつくようで2週間に一度シャンプーを使っています。

それでも最近ベタつきが少なくなったと言っています。

小学生の子供は、湯シャンというより毎日湯船に長時間浸かり、もぐったりして遊んでいるだけですが、ベトつきもなく一番順調に湯シャン生活を送っています。

 

基礎化粧品をやめる

「宇津木式スキンケア事典 化粧品をやめると、肌はよみがえる」 を参考にしています

基礎化粧品がなくなって、肌の状態がよくわかるようになった

花粉症の症状が強くなるにつれて、肌がバサバサしてきました。「花粉症皮膚炎」という言葉もあるようですね。花粉症の時期に肌トラブルに悩まされる人がけっこういるようです。

基礎化粧品を使っていた時も、花粉症の時期になんとなく肌の状態が不安定になると感じていたのですが、肌に何もつけなくなると花粉症と肌の状態が関係していることがよくわかります。

化粧品でごまかすのはよくないですね。

花粉症が始まる前はサラサラの肌だったのに残念です。

 

肌に負担の少ない日焼け止めを探す

日差しが増えてきたので、日焼け止めについてどうしようかと考えていました。

「宇津木式スキンケア事典 化粧品をやめると、肌はよみがえる」では、ワセリンベースの日焼け止めを使うことが推奨されています。

ですがこのワセリンベースの日焼け止め、店舗等で市販されている商品ではなく、購入できるのは1つの会社のみ。

さらに注文がメールで支払いは銀行振込など、使い続けるのに手間がかかりそうなのでワセリンベースの日焼け止め使用はひとまず見送りました。

入手がしやすくて価格も手頃で肌に負担の少ないものを探して、みつけた日焼け止めがこちら。

 

NOV(ノブ) UV milk EX (SPF32)

f:id:eiken40:20190320092607j:plain

NOVのUVミルク。右の小さいチューブはおまけでついていたUVのベースコントロール。

 

 

f:id:eiken40:20190320093000j:plain

SPF32で紫外線吸収剤不使用。

 

 

f:id:eiken40:20190320093159j:plain

通常はUVミルク単体での販売ですが、たまたまベースコントロールのセットを店舗で見つけて購入。価格はUVミルク単体で買うのと同じ2000円+税でした。

 

紫外線吸収剤不使用でSPF32です。

そして1番の特徴は、石けん不要でお湯で洗い流せるということ!

お湯で流せる日焼け止めがあるなんて知りませんでした。

これなら子供にも安心して使えます。

まだ数回使っただけなので日焼け止めとしての効果はわかりませんが、肌に刺激も感じず、本当にお湯で洗い流すことができました。

日常生活の日焼け止めはしばらく「ノブUVミルクEX」を使います。

 

 

石けんで体を洗わない生活

「石けんで体を洗わない」も家族で実践していますが、これは簡単でデメリットもなく、ただただ実行してよかったです。

肌がすべすべになりました。

定期的に家族がにおわないかチェックしていますが、全く問題ありません。

不思議なことに夫に関しては、石けんを使わなくなった今の方がにおいがしない気がします。

これから汗ばむ季節になっていくので変化を見守ります。

 

関連記事

お読みいただきありがとうございました。