スポンサーリンク

graded readers

 

こんにちは、すずらんです。

コロナによる外出自粛をきっかけにはじめた英語多読。

 

この辺りから1冊が2万語を超えるGRもでてきて、ストーリーの深みも増してきました。

 

GRを記録するにあたって・・・

・ネタバレはしないように書きます。

・GRの表紙写真も掲載しますが、すでに手元にないGRの写真は掲載できません。

・GRのYL(読みやすさレベル)、語数は「英語多読完全ブックガイド」などを参考にします。

・評価は私の独断です。「ストーリー」「GRとしての読みやすさ」をもとに5段階評価。

 

GR (Graded Readers) 評価   ※個人的な評価です。星3つ以上がオススメ!
すばらしい
おもしろい
よい
まあまあ
イマイチ

 

今回読んだGR10冊(71冊から80冊目)

今回は私が読んだ71冊目から80冊目までのGRです。

この10冊は2020年7月に読みました。

 

コロナの感染者数が少し落ち着いた時期でした。

 

このままコロナが収束すればいいなと願いつつ、

夏休みは遠出せず静かに過ごすことに決めました。

 

 

71. Eye of the Storm

Eye of the Storm

Eye of the Storm

 

漁に出ていてハリケーンが接近していることに気づかない父。

娘とそのボーイフレンドが父を救助しようと奔走します。

 

ストーリー自体はテンポよくすすみ最後まで楽しめます。

ただどうしても気になってしまったのが、日本人の娘の名前。

 

そんな名前あるかな・・・。

どうしてもう少しリサーチしなかったかな・・・。

 

Cambridge English Readersは、日本人学習者を意識してか、たまに日本人が登場します。

でも名前や設定が、日本人が読むと「???」となるものが多いです。

 

そういった部分もおもしろいと考えれば、気にならない程度ではあります。

 

Eye of the Storm
シリーズ名 CER (Cambridge English Readers)  3
YL 3.6 - 3.8
語数 14,000
評価

 

 

 

72. A is for Alibi

A is for Alibi

A is for Alibi

 

女性探偵が事件を解決するストーリー。

 

このレベルとしては長めで、約25,000語。

でもストーリー展開がよくて楽しみながらあっという間に読めました。

 

A is for Alibi
シリーズ名 MMR (Macmillan Readers Intermediate)  5
YL 3.6 - 4.0
語数 24,813
評価

 

 

 

73. David Copperfield

David Copperfield

David Copperfield

 

ディケンズの作品。

 

Introductionによると、David Copperfieldは1849年に書かれた作品。

時間が経っても読み継がれる本は、理由があると感じました。

 

ディケンズのChristmas Carolもよかったけれど、こちらもとても気に入りました。

 

David Copperfield
シリーズ名 PER (Pearson English Readers)  3  ※旧Penguin Readers
YL 3.6 - 3.8
語数 12,213
評価

 

 

 

74. B is for Burglar

B is for Burglar

B is for Burglar

 

女性探偵が事件を解決するストーリー。

さきほどでてきた「A is for Alibi」と同じ設定で書かれています。

 

こちらも語数が2万超と長めですが、英語も読みやすく、早く続きが読みたいと思いながらどんどんページが進みました。

 

B is for Burglar
シリーズ名 MMR (Macmillan Readers Intermediate)  5
YL 3.6 - 4.0
語数 20,698
評価

 

 

 

75. The Pearl

The Pearl

The Pearl

 

スタインベックの「真珠」。

 

貧しい主人公が真珠をみつけます。

喜んだのもつかの間、高価な真珠を手にしたことで問題が起こります。

 

スタインベックの小説は「おもしろいけれど難しい」とう印象を持っていましたが、

こちらは読みやすくリライトされています。

 

 

そういえば最近、ニュースで同じような話を聞きました。

タイで貧しい生活を送る男性が真珠を発見。

オレンジ色をしたその希少な真珠は3000万円ほどの価値があり、買い取りたいと希望している人がいるのだそうです。

 

このニュースを聞いた時に、この本を思い出しました。

小説みたいなことがあるんだなぁと。

 

 

いまこのブログと書きながらニュース記事を再度検索してみたら・・・

小説のような展開になっていました。

 

なんとその真珠発見者は麻薬取引の容疑者で、真珠のニュースをきっかけに居場所を特定。

逮捕されたというのです。

 

スタインベックのPearlとはちがって、なんとも皮肉な結末です。

 

The Pearl
シリーズ名 PER (Pearson English Readers)  3  ※旧Penguin Readers
YL 3.2
語数 13,824
評価

 

 

 

76. The Woman of Iron

The Woman of Iron

The Woman of Iron

 

「女性は纏足をして、お金持ちの夫をみつけて暮らすことが幸せなんだよ。」

そう言われて育った中国人女性が主人公。

 

そんな古い価値観を打ち破り、持ち前の自立心と努力の末、ビジネス世界で大成功を収めます。

 

とても意外なラストでしたが、主人公の行動に胸を打たれました。

 

The Woman of Iron
シリーズ名 MMR (Macmillan Readers Intermediate)  5
YL 3.6
語数 14,000
評価

 

 

 

77. Meet Me in Istanbul

Meet Me in Istanbul

Meet Me in Istanbul

 

恋人を訪ねてイスタンブールへ。

でも肝心の恋人となぜか会うことができず・・・

 

異国情緒の街イスタンブールでのミステリー。

 

Meet Me in Istanbul
シリーズ名 MMR (Macmillan Readers Intermediate)  5
YL 3.6 - 4.0
語数 10,754
評価

 

 

 

78. A Kiss Before Dying

A Kiss Before Dying

A Kiss Before Dying

 

悪い男が、女性たちをだましながら成り上がっていくストーリー。

ドラマにでもなりそうなストーリー展開で、読み始めたらとまらず一気に2万語を読みました。

 

物語の構成も巧みで、ラストは衝撃的です。

 

A Kiss Before Dying
シリーズ名 MMR (Macmillan Readers Intermediate)  5
YL 3.6 - 4.0
語数 20,154
評価

 

 

 

79. Forrest Gump

Forrest Gump

Forrest Gump

 

Tom Hunks主演の映画でも有名なストーリー。

 

なんとなく好みに合わない気がして、Forrest Gumpの映画を見たことがありません。

それもあって期待せずに読み始めたら、おもしろくて驚きました。

 

映画も近いうちに見ようと思います。

映画と本で、結末がちがうようです。

 

Forrest Gump
シリーズ名 PER (Pearson English Readers)  3  ※旧Penguin Readers
YL 3.4 - 3.6
語数 9,119
評価

 

 

 

80. The Woman Who Disappeared

The Woman Who Disappeared

The Woman Who Disappeared

 

探偵モノ。

Macmillan Readersの探偵やサスペンスはハズレが少ないような気がします。

 

The Woman Who Disappeared
シリーズ名 MMR (Macmillan Readers Intermediate)  5
YL 3.6 - 4.0
語数 14,225
評価

 

 

今回のMy Best Graded Readers !

graded readers

今回は私が読んだGR (Graded Readers)の71冊目から80冊目を記録しました。

 

この10冊の中のベストはこちら。

「The Woman of Iron」

 

主人公の努力やバイタリティもすごいですが、中国という国での生活や風習も描かれていて興味深いです。

この本を読んで、同じく中国人女性が主人公の小説「ワイルド・スワン」を思い出しました。

 

 

今回The Woman of Ironがもっとも印象に残ったのでベストとしましたが、

David Copperfield,  A Kiss Before Dying,  Forrest Gumpもおもしろさとしては同等でした。

 

 

次回は、私が読んだGRの81冊目から90冊目までを記録します。

コメントを残す