graded readers

こんにちは、すずらんです。

コロナによる外出自粛をきっかけにはじめた英語多読。

 

今回で50万語を超えました。

読むスピードが速くなった気がします。

 

GRを記録するにあたって・・・

・ネタバレはしないように書きます。

・GRの表紙写真も掲載しますが、すでに手元にないGRの写真は掲載できません。

・GRのYL(読みやすさレベル)、語数は「英語多読完全ブックガイド」などを参考にします。

・評価は私の独断です。「ストーリー」「GRとしての読みやすさ」をもとに5段階評価。

 

GR (Graded Readers) 評価   ※個人的な評価です。星3つ以上がオススメ!
すばらしい
おもしろい
よい
まあまあ
イマイチ

 

今回読んだGR10冊(61冊から70冊目)

今回は私が読んだ61冊目から70冊目までのGRです。

 

この10冊は2020年6月に読みました。

 

いつもの梅雨と同様に、家の前の紫陽花がきれいに咲きました。

カメラを手に紫陽花を眺める人たちを見て、なんだかホッとしました。

 

61. Jaws

Jaws

Jaws

 

子供の頃に映画「ジョーズ」を見て、ひとりでトイレに行けなくなりました。

それほど怖かった「ジョーズ」。

 

映像で、あの音楽があってのジョーズ。

だからから本はどうかな・・・

と期待せずに読んだら、意外とおもしろい。

 

サメの事故があっても観光優先だったり、その一方で安全を守ろうと奔走する人がいたりと、単にサメにおそわれるお話ではありません。

 

サメはたしかにおそろしいですが、利益優先の人間はサメよりおそろしい。

 

Jaws
シリーズ名PER (Pearson English Readers)  3  ※旧Penguin Readers
YL2.6
語数7,425
評価

 

 

 

62. A Christmas Carol

A Christmas Carol

A Christmas Carol

 

ディケンズの「クリスマスキャロル」。

 

むかし読んだけれど、こんなお話だったんだと再確認。

 

教科書的なおもしろさと言えなくもないですが、個人的にはすごく楽しめました。

子供にも読んでもらいたいと思い、子供向けの翻訳本を購入するほど気に入りました。

 

A Christmas Carol
シリーズ名OBW (Oxford Bookworms Library)  3
YL3.2 - 3.4
語数10,385
評価

 

 

 

63. Emil and the Detectives

Emil and the Detectives

Emil and the Detectives

 

表紙のイラストのとおり、子供むけのストーリーです。

中だるみしましたが、エンディングはよかったです。

 

Emil and the Detectives
シリーズ名PER (Pearson English Readers)  3  ※旧Penguin Readers
YL3.4 - 3.6
語数13,158
評価

 

 

 

64. A Puzzle for Logan

A Puzzle for Logan

A Puzzle for Logan

 

刑事モノ。

楽しめますが、結末が少しあっけないです。

 

A Puzzle for Loganをはじめ、CERのGraded Readersは、他の同レベルのGRよりも若干印字が大きめ。

行間も適度にあいているため、目が疲れず読みやすいです。

 

A Puzzle for Logan
シリーズ名CER (Cambridge English Readers)  3
YL3.6 - 3.8
語数14,473
評価

 

 

 

65. Doctor Who: Mummy on the Orient Express

オリジナルはドラマの「Doctor Who」。

 

Doctor WhoのシリーズはPER3に何冊かあるのですが、どれから先に読んだらいいのかわからなくて、最初に手に取ったこちらを読みました。

 

読んでいくと、 Doctor Whoの設定がわかってないため理解しづらい部分がありました。

 

ドラマを少し見ればGRが楽しめるかな。

とHuluでDoctor Whoを2話視聴しましたが、あまり好みのドラマではありませんでした。

 

このGRはストーリー自体は楽しめましたが、ドラマのスクリプト的な感じがします。

これ以外にもDoctor WhoのGRを持っていますが、たぶん読みません。

 

Doctor Who: Mummy on the Orient Express
シリーズ名PER (Pearson English Readers)  3  ※旧Penguin Readers
YL3.2
語数11,413
評価

 

 

 

66. The House by the Sea 

The House by the Sea

The House by the Sea

 

ある夫婦が海辺に家を買い、週末を過ごすことにしますが・・・。

 

軽いペーパーバックを読んでいる感覚で読み進められます。

悲しいストーリーだけれど、おもしろいです。

 

The House by the Sea
シリーズ名CER (Cambridge English Readers)  3
YL3.6 - 3.8
語数16,219
評価

 

 

 

67. Double Cross

Double Cross

Double Cross

 

女性スパイが謎を解明していきます。

読み出したら止まりませんでした。

 

Double Cross
シリーズ名CER (Cambridge English Readers)  3
YL3.6 - 3.8
語数15,102
評価

 

 

 

68. Two Lives

Two Lives

Two Lives

 

若い二人の愛は50年の時をすぎて・・・。

 

美しい物語です。

 

CERのGraded Readersは軽いストーリーが多くて記憶に残りにくいのですが、このTwo Livesは印象に残るストーリーです。

 

ラストはほっとしました。

 

Two Lives
シリーズ名CER (Cambridge English Readers)  3
YL3.6 - 3.8
語数14,358
評価

 

 

 

69. How to be an Alien

 

イギリスを風刺したエッセイ。

イギリスやイギリス人に関する知識が乏しいせいか、イマイチおもしろさがわかりませんでした。

 

イギリスに詳しかったり、在住経験があれば楽しめるかもしれません。

How to be an Alien
シリーズ名PER (Pearson English Readers)  3  ※旧Penguin Readers
YL3.2 - 3.4
語数8,528
評価

 

 

 

70. The Beast

The Beast

The Beast

 

英語はわかりやすいけど、ストーリーはイマイチ。

英語がわかりやすいので、最後まで読むことはできました。

 

The Beast
シリーズ名CER (Cambridge English Readers)  3
YL3.6 - 3.8
語数14,116
評価

 

 

今回のMy Best Graded Readers !

graded readers

今回は私が読んだGR (Graded Readers)の61冊目から70冊目を記録しました。

 

この10冊の中のベストはこちら。

「A Christmas Carol」

 

名作といわれる本は、やはりおもしろいんだと再確認できました。

 

A Christmas CarolはGR用にリライトされていますが、不自然さもなくGRとしてもいいデキ。

 

表紙の男性写真が少し不気味ですが、先入観を持たずに読んで良かったです。

 

 

次回は、私が読んだGRの71冊目から80冊目までを記録します。

 

 

関連記事