40代主婦、英検1級に合格!

英検1級に1度の受験で合格しました。英検1級の勉強方法やテキスト、英検受験に関する情報を中心に書いています。

英検1級合格者があえて「英検1級取得のデメリット」を書きます

f:id:eiken40:20181211142743j:plain

【2019.3.22.更新】

こんにちは。

私は2018年に英検1級を取得しましたが、あえて「英検1級取得に関してのデメリット」を書きたいと思います。

 

 

英検1級のデメリット① 一次試験にスピーキングテストがない

 

英検1級の一次試験にはスピーキングテストがありません。

私が思う英検1級取得に関する一番のデメリットはこの「一次試験にスピーキングがないこと」です。

一次試験ではリーディング・ライティング・リスニング力が問われます。

そのため一次試験の突破だけを目指すとスピーキングの練習はしなくていいのことになります。

でも英語を勉強する一番の理由は「英語がしゃべれるようになりたいから」ではないでしょうか?

なかには「英検1級」の資格だけほしい人もいるかもしれませんが、試験の難しさから考えると現実的ではない。

多くの方は私と同じように「英語を話せるようになりたい」という考えで勉強していて、その目標としての英検だと思います。 

英検1級の一次試験を突破し二次試験に進むとスピーキング力が試されますが、一次試験突破に焦点をおくとスピーキング力が向上しないままになります。

なんだか矛盾していますが。。。どんな試験であっても「試験」と「実際の運用能力」には開きがあります。

そのため「英検1級取得」を目指すなら、英検1級対策に時間をかけすぎずるのは避けるべきです。

そうはいっても、仕事や家事・育児で思うように勉強時間が確保できない場合もあります。また準1級に合格したばかりで、これから1級対策を始める場合は、ある程度の準備期間は必要です。

そういった事情で一次試験に長期間かける場合、スピーキング力について意識しておかないと一次試験に合格しても二次試験が通りにくいし、何より肝心な「英会話力」が下がってしまいます。

英検1級一次試験対策だけを一生懸命するとスピーキング力が向上しない可能性があります。

 

 

英検1級のデメリット② 単語・語彙問題の配点が高すぎ

 

 2016年から英検が新形式となり、一次試験の配点はリーディング、ライティング、リスニングが一律になりました。

単語・語彙問題はリーディングセクションに含まれています。

リーディングセクションは全部で41問で、内訳は単語が25問、長文が16問です。

この全41問はすべて同じ得点で計算されるので、単語1問正解しても、長文1問正解してもおなじ正答数(得点率)です。

そうすると、試験対策的には長文よりも単語問題に重点をおいた方が合格しやすいことになります。

でも単語問題の対策は暗記中心で、英語の勉強というよりも飽きずに根気よくがんばれたかでリーディングセクションの点数がある程度決まってしまいます。

 単語の暗記より長文が読めるチカラの方が大事なのに、試験対策としては単語学習に重点をおくことになってしまう。。。

せめて単語より長文の配点を高くするべきではないかと思います。

 

 

英検1級のデメリット③ 英検1級の情報が少ない

 

英検1級対策の講座があるスクールはとても少ないです。地域によっては通える範囲に英検1級の講座がないかもしれません。スクールがあまりないので独学で対策をはじめても、自分に合った勉強方法を見つけるまでが大変です。

また英検1級のテキストは、他の級に比べて圧倒的に少ないです。小さい書店だとなぜか1級の参考書だけおいていない場合もあります。

英検1級に関する情報自体も少ない。1級をめざす人や合格している人はそんなに多くないと思うので仕方ないのかもしれません。

その点、TOEICはテキストも充実しているし情報も十分あるので勉強しやすいですよね。でもTOEICはオススメしませんが。。。

 

英検1級対策をはじめた時は情報が少なくて困りました。

そんな経緯から独学での英検1級対策方法を記事をまとめています。よかったらお読みください。

f:id:eiken40:20181211142812j:plain
 

なぜ「英検1級のデメリット」を書くのか

 

あえて「英検1級取得に関してのデメリット」を書いたのには理由が2つあります。

1つはデメリットを知ることで、英検1級に合格しやすい対策をするため

以下に具体的に書きます:

「一次試験にスピーキングがない」デメリットを合格に結びつける対策

→なるべく短期での一次合格をめざす

→一次試験対策に音読を積極的に取り入れて口を動かしておく

 

「単語の配点が高すぎる」デメリットを合格に結びつける対策

→単語が得点源だと割り切ってしっかり時間をかけて対策する

 

「英検1級取得に関してのデメリット」を知るもうひとつの目的は、英検1級取得はゴールではないからです。

英検1級対策で英語力を身につけ、さらに合格後の英語学習方法を考えるうえでも、英検1級のデメリットについて知ることは意味があります。

 

 

まとめ

 

英検1級取得のデメリットを書きましたが、私にとっては英検1級を目指して勉強し取得したメリットの方がずっと大きいです。

合格できてうれしかったし、英語がさらに好きになって多少自信もつきました。

英検1級試験のデメリットを頭の片隅においておけば、英検1級の勉強が効率的になるだけでなく英語学習の目的を見失わずに済むのではないか・・・と思っています。

英検1級の出題は良問が多いので試験対策自体が英語力向上につながります。

ぜひ合格に向けてがんばってください!

読んでいただきありがとうございました。