スポンサーリンク

f:id:eiken40:20190523105623j:plain

こんにちは。

 

これまでの生活を見直して健康のために

湯シャン(ノープー)

基礎化粧品を使わない

せっけんで体を洗わない

を家族で実践して6ヶ月になりました。

 

経過報告です。

 

シャンプーなし(湯シャン)生活

f:id:eiken40:20190718142414j:plain

本「シャンプーをやめると、髪が増える」を参考にしています

湯シャンは方法を間違えると失敗する可能性が高いです。

 

湯シャンを考えている方には読んでいただきたい本です。

医師が書いているので説得力があります。

 

スポンサーリンク

湯シャンをはじめて半年経過。現在の状況。

家族で湯シャンを続けて半年経ちました。

 

正直こんなに続くとは思っていなかったので自分でも驚いています。

 

湯シャンといっても、6週間ごとに行く美容院ではシャンプーしてもらっていますし、家でも髪がべとついたり、さっぱりさせたいときにはシャンプーをしたので、だいたい2、3週間に1回程度はシャンプーしています。

 

完全な湯シャンではありませんが、半年続けたので一区切りとして私が感じた湯シャンのメリット・デメリットについてまとめたいと思います。

 

湯シャンのメリット

湯シャンの唯一最大のメリットは「抜け毛が減ること」です。

 

化学物質からできているシャンプーを頭皮や毛穴から体内にとりこまないことで頭皮が健康になり、抜け毛が減ったのだと思います。

 

湯シャンをはじめるまでは、抜け毛に悩んで女性用の育毛剤を使おうか真剣に考えていましたが、今は薄毛の心配はなくなりました。

 

湯シャンを始める前はメリットだと思っていたのに、実際には期待ハズレだったこともあります。

 

そのひとつは、湯シャンは時短にならないこと。

湯シャンでもシャンプーと同じくらい時間がかかります。

 

またシャンプーを使わなければヘアカラー(白髪染め)のもちが良くなると期待していたのですが、褪色します。

前向きに考えれば、お湯だけでもしっかり汚れが落ちるということかもしれません。

 

湯シャンのデメリット

湯シャンのデメリットはいくつかあるので箇条書きにします。

湯シャンのデメリット

・湯シャンをはじめた当初は髪がベトつき不快感がしばらく続く

 

・自分にあった湯シャン方法を試行錯誤で見つける必要がある

 

・シャンプーを使った時に比べると、きれいなヘアスタイルが保ちにくい

 

デメリットをみると湯シャンを諦めてしまう人がいて当然だと思います。

とくに湯シャンをするとヘアスタイルがイマイチなのが気になります。

 

 

半年湯シャンを実践して出した結論。

半年湯シャンを試してみて、下記の結論になりました。

完全なシャンプー断ちは(私には)不可能

 

「シャンプーをやめると、髪は増える」の著者、宇津木先生は数年間シャンプーを使っていないそうです。

シャンプーをやめれば頭皮の良い常在菌が増えてシャンプーしなくても清潔な状態が保てるようなので、完璧なノーシャンプーは湯シャンの理想的なかたちだと思います。

 

私も完璧なノーシャンプーを目指しましたが「実質的」には無理でした。

 

「実質的」というのは、ヘアスタイルを短めのショートカットにして、さらにシャンプーを使った時のようなきれいなヘアスタイルを諦めれば、完璧なノーシャンプーをつづけられるという実感も得られたからです。

 

でも抜け毛は減らしたいけれど、自分の好きなヘアスタイルにしたいし、たまにはきれいに髪をセットしたいというのが本心です。

 

そのため残念だけれど「完璧に湯シャンを実践すること」は諦めました。

 

できるだけシャンプーを使わないという方法は継続しつつ、化粧をする感覚でシャンプーを使うことにします。

今後は頭皮に刺激をあたえず希望に近いヘアスタイルをキープする方法を探します。

 

スポンサーリンク

基礎化粧品をやめる

「宇津木式スキンケア事典 化粧品をやめると、肌はよみがえる」 を参考にしています

化粧品がなぜ不要なのか、医師の観点から書かれた本です。

基礎化粧品をやめて半年経過。現在の状況。

基礎化粧品は全く使っていませんが、不自由を感じないどころか以前よりも肌の状態がいいです。

 

たまに顔や唇が乾燥して気になる時だけ、白色ワセリンを少量使っています。

 

ファンデーションは、せっけんで落ちるETVOSのミネラルファンデーションを月1、2回使用。



ふだんの外出は眉毛を整えてリップを塗るだけなので時短にもなります。

 

現在使っている化粧用品はこれだけ

半年経って、洗面台の化粧用品棚がすっきりしました。

旅行の荷物も減って快適です。

 

いま使っている化粧品類はこれだけです。

 

白色ワセリン

チューブタイプを使用中。

チューブタイプは清潔に使えるし持ち運びにも便利です。

全身に使えるので、リップクリームとボディクリームも不要になりました。

 

毎日使うわけではなく、肌の乾燥が気になる時だけ使用。

f:id:eiken40:20190418085226j:plain
画像:楽天で約400円で購入したチューブタイプの白色ワセリン。

 日焼け止め(NOV UV milk EX/ノブ)

SPF 32のUVミルク、紫外線吸収剤不使用です。

一番の特徴は、石鹸不要でお湯で洗い流せること。

 

ゴールデンウィークに海岸で釣りとバーベキューをした時に使いましたが、わりとしっかり日焼け止めできました。

f:id:eiken40:20190320093159j:plain
NOVの日焼け止め。せっけん不要で洗い流せるので肌に優しい。

リップカラー(ジェン ヌードラディエント リップスティック/ベアミネラル)

化粧品はほとんどETVOSのものを使っていますが、 リップカラーはETVOSで欲しい色がないため、ベアミネラルのものを使用しています。

これまではリップカラーを常に2、3色持っていたのですが、パーソナルカラー診断を受けて自分に似合う色がわかったので、1色に絞ることができました。

 

「パーソナルカラー診断」は本当に役立ちます。

 

自分に似合うものがわかると洋服やメイク用品も無駄なものを買わなくなり、断捨離にも効果的です。

 

パーソナルカラー診断で、有名な化粧品メーカーのリップをつけてもらったのですが、家に帰る頃には唇の皮がむけてしまいました。。。

 

パーソナルカラー診断でリップの品番を教えてもらったので、それに近い色を探して見つけたのがベアミネラルのリップです。

 

全く荒れないし顔色もよく見えるのでお気に入り。

 

f:id:eiken40:20190524074954j:plain
ベアミネラルの「ジェンヌードラディエント」。唇が荒れません。
f:id:eiken40:20190524075134j:plain
画像:色は「ストリップ」。パーソナルカラーがオータムの人に似合う色。

アイブロウ (ミネラル デザイニング アイブロウ/ETVOS)

ETVOSのミネラルデザイニングアイブロウを使用。

ペンシルとパウダーがセットになっています。

f:id:eiken40:20190524075433j:plain
ETVOSのミネラルデザイニングアイブロウ。色はナチュラルブラウン。
f:id:eiken40:20190524075608j:plain
ペンシルとパウダーが1本で使えて便利。

ミネラルファンデーション(ディアミネラル ファンデーション/ETVOS)

月に1、2回程度使用。

SPF 25PA++なので、夏場は日焼け止めとしても使用します。

f:id:eiken40:20190524075743j:plain
ETVOSのディアミネラルファンデーション。色は#40。

 

ETVOSのミネラルファンデーション

 

 あまり使っていない化粧品

チークやマスカラ、アイカラーなどもありますが、この半年で1度使っただけです。

もう不要かもしれませんが念のため保管中。

f:id:eiken40:20190524075826j:plain
(左)ミネラルアイ&チークカラー(右上)ミネラルロングラッシュマスカラ(右下)ミネラルペンシルアイライナー

この半年間で手放した化粧品類

この半年で化粧品の断捨離がすすみました。

 

私が手放したものはこちらです。

処分してしまったので写真はありません。

・洗顔せっけん

・化粧水

・美容液

・リップクリーム

・コンシーラー

・リキッドファンデーション

・旅行用の化粧水、美容液のミニボトル

 

石けんで体を洗わない生活

f:id:eiken40:20190718143632j:plain

体をせっけんで洗わず半年経過。現在の状況。

半年間一度も石鹸で体を洗っていません。

匂いもべたつきもなく、皮膚トラブルもなくなったので、これに関してはメリットしかありません。

 

はじめた当初は、

膝や肘が黒ずむかも、、、

と心配していたのですが、全くそんなこともなくツルツルです。

もしかすると強く洗いすぎる方が黒ずんだりするのかもしれません。

 

それに頭皮と一緒で、体の皮膚にも毛穴がたくさんあります。

そのため必要以上にせっけんなどをつけない方が健康のためいいのではないかと感じています。

 

関連記事